創業300年 伝統と信頼の老舗畳店

浜田畳店の活動報告や畳に関する豆知識など、生の情報をお届けします。

浜田畳店のスタッフによるブログです。浜田畳店に関することや畳の製品・業界に関することなど、最新情報をお知らせしています。ぜひ、ご覧ください。

Blog

2020.09.15 

Blog

【たたみの話】 日本人が藺草(いぐさ)を選んだ理由 

古事記などに登場する畳には、菅(すが・植物の一種)、皮(動物の皮)、絹(織物)など様々なものを素材として使われていました。しかし日本人が最終的に選んだのが藺草であったのです。


藺草の原産は東南アジアであると云われていますが、東南アジアのイ草は芯が固く短いのが特徴です。それに対して、東南アジアより温暖な気候の日本で育った藺草は細く長く成長しています。東南アジアの藺草での織物は多く見られませんが、日本では弥生時代にすでに存在し、福岡県の遺構から発見されています。これは藺草を麻糸で機織りしたもので、これは身分の高い人が亡くなられた時に、棺の中で遺体を包むものに使われたようです。亡くなった人を清潔感と薫り高い草に包んで葬るのは、日本人の優しさの表れかもしれません。


奈良時代になって、天皇だけの畳として造られたのが、真菰(まこも)を編んで作った芯材の表面に藺草の筵(むしろ)を被せるものでした。これが現在の畳の始まりです。


最近に解ったことですが、藺草は香りや肌触りが良いだけでなく、室内の空気を浄化する働きがあります。また梅雨などの季節には湿度を吸収し、乾燥期に吐き出すという自然の空調作用の働きがあります。エアコンや空気清浄器の働きと同じです。


日本には、すでに古くから気候に合った自然のエアコン・空気清浄器を日本人が家の中に納めていたのです。




 

Contact

お問い合わせは、お気軽に